しわ対策化粧品ランキング

サイトマップ

40~50代のしわ対策化粧品!
初回購入価格ランキング

しわに本気の対策を考える40・50代は必見!しわに悩む女性全員にオススメできる対策化粧品をご紹介します!

化粧品は、自分に合った効果や使いやすさで選びたい。でも、実際に使ってみないことには、自分にピッタリの化粧品かどうかわからないですよね。そのために私が重要視したもの......それはズバリ、しわ対策化粧品の初回購入価格です!

ここでは、しわに対して高い効果が期待できる化粧品を、初回購入価格でランキング!美容成分や口コミ、商品情報もまとめていますので、ぜひ自分に合うしわ対策化粧品選びの参考にしてくださいね。

1位トワエッセ「プレミアム エッセンス」

初回購入価格:1,980円

しわ対策の3本柱ともいえる、効果・コスパ・続けやすさを、高い水準でクリアしているしわ対策化粧品です。コラーゲンやヒアルロン酸はもちろん、人工皮膜成分メビヴェールや話題のプロテオグリカンなど、108種類もの美容成分をたっぷり配合しているのに、初回購入価格が1,980円と、40代以上向けの本格派しわ化粧品としては破格の値段。化粧水のあとに使用するだけでOKという、セミオールインワンタイプなのも嬉しいポイントです。

注目のしわ対策成分:メビヴェール

プレミアム エッセンスの中でも、特に注目すべき美容成分がメビヴェールです。

メビヴェールとは、人工皮膚や人工皮膜とも言われる成分のことで、肌をラッピングして保護してくれる働きを持っています。メビヴェールのバリア効果は、角質層にも匹敵すると言われるほど。皮膜で肌を守りつつ、美容成分やアンチエイジング成分をムダなく、しっかりと浸透させてくれます。

人工皮膚といえば、医療現場のヤケド治療などで肌再生のために用いられているもの。つまり、それだけお肌をよみがえらせるパワーがあるということなんです。乾燥や紫外線で受けた肌ダメージのケアにも効果が期待できそうですね。

みんなの口コミをチェック!
  • 50代になる母の肌の変化にビックリ!見た目年齢に悩んでいた母ですが、私から見ても肌のハリ回復がわかるほどの変わりっぷり。知り合いに勧められてから、ずっと母娘でリピしています。我が家のイチオシ化粧品です♪
  • ずっと悩みだった首周りのシワが、ゼンゼン気にならなくなりました!ややとろみのあるテクスチャーなのにベタつかず、使用後はモチっとした仕上がりに。人工皮膜が肌をラッピングしてくれるので、美容成分が逃げずにしっかり浸透してくれます♪
  • 長年乾燥肌に悩んでいましたが、化粧崩れがメッキリなくなってビックリ!メビヴェールのおかげでしょうか・・・?ワンプッシュで適量を使えるので、ストレスなく継続してケアができる点も◎。ふんわり漂うダマスクローズの香りにも、思わず癒されてます

トワエッセ「プレミアム エッセンス」をもっと詳しく見る ▶

2位アスタブラン「リフトセンセーション」

初回購入価格:2,914円(参考価格)※通販サイト(楽天)での最安値です。

アスタキサンチン配合のエイジングケア美容液です。クリーム状なので伸びが良く、少しの量でも広範囲をカバーできます。美白成分として人気の高い、ビタミンC誘導体を配合している点も人気のヒミツ。配合成分やコスパの良さから、リピーターになる人が多いようです。エイジングだけでなく、スキンケア化粧品としても人気の美容液です。

注目のしわ対策成分:アスタキサンチン

アスタブラン「リフトセンセーション」の注目美容成分は、ブランド名にも少し含まれているアスタキサンチンです。

アスタキサンチンは「カロテノイド」と呼ばれる天然色素の一種で、エビやカニ、鮭の身などに多く含まれている赤い色素成分のこと。強い抗酸化作用が特徴で、その抗酸化力はビタミンCの約6,000倍もあるのだとか。活性酸素を除去してくれるので、しわのほかにもシミ・くすみなど、いろんな肌悩みに効果的です。

コラーゲンやエラスチンの生成をサポートしてくれる効果もあり、肌の弾力や柔軟性アップにも期待ができる美容成分です。

みんなの口コミをチェック!
  • 目元や口元など、しわが気になる部分に使用しています。夜に顔全体に塗ることで、翌朝には肌にハリが感じられます。久しぶりにリピートしたい化粧品と出会いました。
  • サンプルをもらって使用してみたのですが、少量でも肌に浸透している感があってとても良かったです♪寝る前に付けると、翌日はハリや潤いだけでなくツヤも出てきた感じでした。年齢肌が気になる女性にお勧めです。
  • 友達から勧められて以来、すっかりハマってリピしています。薄く塗ってもよく伸びるので、長持ちしますよ。目の周りや口元のハリが良くなってきたのが分かります。

アスタブラン「リフトセンセーション」をもっと詳しく見る ▶

3位ビーグレン「QuSomeレチノA」

初回購入価格: 6,000円

レチノールなどのビタミンAを、最新のナノ化技術によって極小カプセルに凝縮した美容液。チューブタイプのクリーム状美容液なので、ピンポイントのケアもしやすく、使用感を評価する口コミが多いようです。スクワランやペプチドなど、保湿・肌ハリ効果が期待できる美容成分も配合しています。

注目のしわ対策成分:レチノール

QuSomeレチノAの特徴のひとつは、商品名にも配されたレチノールという成分が含まれている点です。

レチノールは美容成分として知られるビタミンAの一種で、肌に塗られたレチノールの一部はレチノイン酸という成分に変化します。このレチノイン酸は、シミ消し治療の医薬品として美容皮膚科などで処方される成分。肌のターンオーバーやコラーゲンの生成など、レチノールの持つ美容効果をさらに高めたものなのです。

レチノイン酸は効果が高い一方、肌への刺激も強い成分です。ですが、QuSomeレチノAに配合されているのは、レチノイン酸にビタミンEをプラスしたレチノイン酸トコフェリル。ビタミンEをプラスすることで、肌への影響がマイルドになるうえ、ビタミンEの持つ抗酸化作用も味方につけた美容成分なのです。

みんなの口コミをチェック!
  • 発売直後から、ずっと使っています!洗顔も同じライン製品を使い続けていて、乾燥肌がだいぶ改善してきたような気がします♪眉間の深いしわに悩んでいるため、これからも愛用したいと思います。
  • 今まで使っていた化粧品にはあまりなかった使用感です。テクスチャーは、乳液とクリームの中間くらい。伸びも良く、浸透も早いので即効性もありそうです。
  • 額に深く刻まれてしまったしわをなんとかしたいと思い使ってみました。少量でも額全体がカバーできるほど伸びが良いので、1本あれば長く使えますね。

ビーグレン「QuSomeレチノA」をもっと詳しく見る ▶

4位オラクル「パワーモイスチャー」

初回購入価格: 6,300円

アンチエイジング化粧品として知名度が高く、各種口コミサイトでも上位で紹介されることの多い商品です。朝夕に1回ずつ、計1日2回使用するのが基本。使用量の目安は1回2プッシュですが、気になるところには重ね付けも。香料が含まれているものの、刺激成分は配合されていないので、お肌の弱い人でも安心して使用できます。

注目のしわ対策成分:ダマスクバラ花水

クレオパトラや楊貴妃が美容のために愛用したとの伝承もある、ダマスクバラ花水という成分。世界中に存在するバラの中でも最高級と言われる「ダマスクローズ」の花弁から「花油」を抽出し、油分を取り除いて生成される成分です。

保湿効果が非常に高く、乾燥を防ぐことで肌にハリを与え、しわ対策に期待ができるのだとか。また、毛細血管を拡張する作用もあるので、血流が良くなり、クマやくすみ改善にも効果が期待できそうです。

みんなの口コミをチェック!
  • とろみのあるテクスチャーで、バラなどのアロマっぽい香りに癒されます。人よりも乾燥が激しい肌質のため、メーカー推奨よりも多めの3~4プッシュで使っていますが、以前よりもだいぶ肌にハリが感じられるようになってきました。
  • 他社製品も試しましたが、私に合っているので2年くらいリピートしています。即効性は感じられないのですが、年々気になってきていた肌の乾燥を抑えられている実感はあります。香りもお気に入りです。
  • お試しで使ったらとても良かったので、現品購入しました。肌にハリが出てきてプルプルになる実感があります。ただ、残念ながら私には少々お値段が高め。毎日使いたいところですが、スペシャルケア用として使用しています。

オラクル「パワーモイスチャー」をもっと詳しく見る ▶

5位アヤナス「EVエッセンス」

初回購入価格:6,500円

肌の衰えの原因となる「糖化」に着目したエイジングケア美容液です。エイジングに向けての肌の土台作り&糖化の原因物質を抑える、2方向からのアプローチで肌を整えてくれます。敏感肌女性のためのスキンケアブランドということもあり、敏感肌・乾燥肌に悩む女性からの口コミ評価が高いのも特徴です。

注目のしわ対策成分:シモツケソウエキス

EVエッセンスの中で注目したい成分がシモツケソウエキス。バラ科植物シモツケソウの一種、セイヨウナツユキソウ由来の美容成分で、糖化の原因物質「AGEs」の構造を削除して、コラーゲンの生成をサポートしてくれる働きがあります。

ある研究結果によると、その効果は従来の無添加化粧品と比べ、約125%もあるとか。そのほか、収れん作用や肌荒れ防止作用も期待できるので、エイジングケアには積極的に摂り入れたい成分のひとつだと言えますね。

みんなの口コミをチェック!
  • 敏感肌の人には、お勧めの化粧品だと思います♪年齢を重ねて肌質が変わってきたのか、これまで使っていた化粧品でも荒れてしまいがちに....でも、この商品に変えてから、赤みや肌荒れが出るということがなくなりました。
  • 化粧水、保湿クリームとあわせて、ライン使いでスキンケアをしています。このラインナップに変えてから、気になってきたしわや毛穴もあまり目立たなくってきたので、しばらくはこの3点でスキンケアを続けていこうと思います!
  • 寝る前に使用してから、次の日に化粧する時、肌ツヤが少し増しているように感じます。伸びのいいテクスチャーも好み♪今でも使い続けていますが、私にはピッタリの化粧品だと思います!

アヤナス「EVエッセンス」をもっと詳しく見る ▶

特別企画一位のしわ化粧品を使ってみた!
トワエッセ体験レポート

ランキング第1位に輝いたのは、トワエッセ「プレミアムエッセンス」でした。

1,980円という初回価格は、本格派しわ化粧品としては驚くほどリーズナブル。人工皮膜成分メビヴェール&約108種類の美容成分を配合している点も、他には見られない特長です。

とはいえ、いくら安くても実際の効果はどうなの?しわ化粧品としてのパフォーマンスが気になりますよね。

そこで、気になるアナタの代わりに、しわに悩む40代のレポーターが「プレミアムエッセンス」を1週間体験!実際に使用した感想をビフォー&アフター画像入りの体験レポートにまとめました!

必見の体験レポートはコチラ↓↓果たして、その結果は......?

本当にしわ改善できる!?
トワエッセ「プレミアムエッセンス」を試してみました♪

しわ対策に有効な
9種類の成分とは?

しわ対策の化粧品選びに迷ったら、まずは自分のしわの状態とそれに有効な成分をチェックしましょう。

しわは大きく分けて「浅いしわ」と「深いしわ」の2種類。「浅いしわ」は一時的な乾燥が原因なので、保湿を徹底することによって目立たなくすることが可能です。

一方、「深いしわ」は真皮じわとも呼ばれ、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸などの減少などが主な原因。保湿をするだけで簡単に消えるものではありません。

また、「浅いしわ」から「深いしわ」へと移行しつつある場合には、保湿をベースに、「しわ対策成分」を肌に補給すべきでしょう。

しわの種類によって、有効な美容成分というのは変わってきます。自分に合ったしわ対策をおこなう上で知っておきたい、代表的な有効成分9種類を以下に紹介します。

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で、もともと人の体の中に存在する成分です。人の体はタンパク質を中心に構成されていますが、その30%はコラーゲン。20歳をピークに徐々に減少していきます。

コラーゲンは細胞同士をつなぐ上で重要な役割を果たすため、不足することで細胞が正常に働かなくなります。皮膚の土台を構成する「真皮」と呼ばれる層は、その多くがこのコラーゲンで構成されています。そのため、不足することでしわやたるみといった肌の老化を象徴する現象へとつながるのです。肌の若さを保つためには、化粧品などで外部からコラーゲンを補うことが大切です。

詳しい内容を見る ▶

ヒアルロン酸

ムコ多糖類と総称される物質で、人の体の中にもともと存在する成分です。保水力に優れ、ヒアルロン酸1gの中に水を6ℓも含むことができると言われるほど。細胞と細胞との間に存在し、保水をして細胞同士のクッションのような役割を果たしています。

体内におけるヒアルロン酸の比率は、乳児のときが最も多く、加齢とともに徐々に減少していきます。20代から目立って減少し始め、40代になると乳児の約半分まで減少するといわれています。

ヒアルロン酸が減少することで肌の乾燥、そしてしわが現れやすくなるため、アンチエイジング化粧品では欠かせない成分とされています。

詳しい内容を見る ▶

プラセンタ

プラセンタを直訳すると「胎盤」。化粧品に含まれるプラセンタは、胎盤から抽出された成長因子となる各種成分のことを指し、アミノ酸・核酸・ビタミン・ミネラル等の総称です。

アンチエイジングにおいて、コラーゲンやヒアルロン酸の補給は不可欠とされていますが、これらは分子が大きく、外部から肌に浸透しにくいという弱点があります。

プラセンタは肌に浸透しやすいという特徴から、肌内部まで入り込みます。併せて「成長因子」という性質上、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれる美容成分です。

詳しい内容を見る ▶

セラミド

セラミドとは「細胞間脂質」と呼ばれる体内成分で、もともと肌の角質層に存在しています。イメージとしては、細胞と細胞の間に置かれるスポンジのようなもの。中には水分や油分などが多く含まれています。

セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸と同様に、加齢とともに減少していきます。セラミドが減少してしまうと、肌表面のバリア機能が低下。肌内部の水分が蒸発しやすい状態となり、乾燥しやすい状態となってしまうのです。

乾燥はしわの大敵です。セラミド配合の化粧品でバリア機能を回復させることは、しわ対策の基本なのです。

詳しい内容を見る ▶

コエンザイムQ10

脂質の一種であるコエンザイムQ10は、人の体内のありとあらゆるところに存在しています。その存在は古くから知られていましたが、日本での化粧品への配合が認可されたのは2004年から。化粧品成分としては比較的新しい成分になります。

コエンザイムQ10が持つ肌への働きはおもに2つ。1つ目は活性酸素から肌を守る働き(抗酸化作用)で、2つ目は肌のターンオーバーを促進させる働きです。これら2つの働きによって、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が活発化。結果として肌の乾燥を防いでくれるので、しわ対策に期待がもてるとされています。

詳しい内容を見る ▶

EGF

アメリカのコーエン博士によって発見された成分「EGF」は、もともと人体に備わっているタンパク質のひとつ。別名「ヒトオリゴペプチド-1」と言い、細胞の成長を促すほか、細胞機能を正常化する働きがあります。

かつてEGFは、ヤケド治療や肌の再建手術といった、再生医療分野のみで利用されてきました。やがて2005年には、厚労省により化粧品への配合が認可。以来、多くの化粧品にEGFが配合されるようになりました。

肌細胞の再生効果があるということは、言い換えればターンオーバーを活発化させるということ。古い肌細胞を除去して新しくするため、しわ対策としても有効に働くとされています。

詳しい内容を見る ▶

レチノール

レチノールとはビタミンAの一種で、美容皮膚科で処方されるレチノイン酸の仲間。色々な効果が期待されている成分ですが、しわの予防・対策において、特に注目されている成分のひとつと言えるでしょう。

レチノールがしわ対策に良いとされる根拠は3つ。1つ目が角質層における水分保持作用、2つ目がコラーゲンなど美肌成分の生成促進作用、そして3つ目がピーリング効果によるターンオーバー促進作用です。

そのほか、レチノールには抗酸化作用があり、肌の老化を抑えてくれる働きもあるのです。

詳しい内容を見る ▶

メビヴェール

「人工皮膜」とも呼ばれる成分、メビヴェール。日本美容皮膚科学会において「肌のバリア機能をサポートする成分」として発表されたこともあり、注目度が高まっています。

乾燥などのダメージを受けた肌をしっかりとラッピングし、肌細胞の修復を助ける働きを持っているのが大きな特徴のひとつ。また、外部の刺激から肌を守り、紫外線などの影響を穏やかにするとされています。さらに驚くべきは、メビヴェールの皮膜効果が約24時間もあるという点。その高い持続性も、ほかの成分にはない特長です。

詳しい内容を見る ▶

プロテオグリカン

プロテオグリカンは、体内の各所に存在しているタンパク質のひとつです。特筆すべきは、あのヒアルロン酸の1.3倍もの保水力。保水・保湿はしわ対策の基本となるため、アンチエイジングにとって欠かせない成分となります。

成分の存在は古くから知られていたものの、抽出が難しく、化粧品への実用化に至ったのは最近のこと。

抽出技術が飛躍的に進歩した現在では、多くの化粧品の配合成分として見られるようになりました。

詳しい内容を見る ▶

しわ対策のための基礎知識

きちんとした知識のないまま、ただ漠然と「しわを何とかしたい」という方は要注意。「原因に合わない対策を続け、効果が全く見られない」「費用が余計にかかってしまった」といったケースも、決して少なくはありません。

しわ対策の基本はまず、原因を知ることが第一。より効果的にしわ対策をおこなうため、具体的に細分化された「しわの原因」をチェックし、もっとも効果的なケアをピンポイントで実践していきましょう。

また、しわ対策化粧品の選び方はもっとも重要な基礎知識のひとつです。効果が価格に比例するとは限りません。どんな成分が含まれ、どういったしわに効果が期待できるのか、しっかりと見極めましょう。

しわができるメカニズムの根本は、「コラーゲンの減少」にあります。
さらに、コラーゲン減少の4つの原因をチェックしましょう。

加齢
20歳代をピークに、徐々に減少していくコラーゲン。コラーゲンの働きを支えるエラスチンやヒアルロン酸なども年齢とともに減少していきます。
紫外線
紫外線は真皮の正常な働きを阻害します。長年にわたり蓄積された紫外線の影響が、しわを作り出す原因のひとつに。
乾燥
乾燥によって肌内部の水分量が減少すると、しわができやすい肌状態になります。
表情
日常的な表情筋の動きに沿ったしわが、加齢とともに定着していきます。

しわ対策のスキンケア化粧品は多種多様です。高価であるからといって、必ずしもあなたに合うものだとは限りません。価格だけではなく含有成分や使い勝手を考え、しっかりと選ぶようにしましょう。

たとえば、コラーゲン化粧品は一時的な乾燥に対する効果はあっても、年齢が原因となる深いしわに対して大きな効果は見込めません。ペプチドやメビヴェールなど内部から肌の再生を促す、または肌修復をサポートする成分も含んだ化粧品を選ぶべきでしょう。

なにより、実際に使用してみることが重要なポイントです。まずはお試し感覚でもよいので、実際に購入して使ってみること。あなたにぴったりのオンリーワンな化粧品がきっと見つかるでしょう。

※このサイトは、個人で調べた情報で作成されています。
価格や商品の最新情報については各公式サイトを参照してください。
※サイト内の価格は、すべて税抜価格での表記です。

 
 
PAGETOP ▲

しわ対策化粧品ランキング