しわ取り化粧品おすすめランキング~しわに効く美容液~ » 部分別・しわのスペシャルケア » 目元

目元

目尻にできる小じわは、俗にカラスの足跡とも呼ばれています。

こんな名前がつけられてしまうほど、目元はしわが寄りやすい場所。

にこっと笑ったときにしわが寄るので、写真撮影の際に笑顔を拒む人もいるほどです。

では、なぜこんなにも目元にはしわが寄りやすいのでしょうか。原因と対策を見ていきましょう。

目元のしわの原因と対策

目元にしわができる原因の一つは、まわりの皮膚の薄さにあります。

目元は、人体の中でも最も皮下脂肪が少なく皮膚の薄い場所。

他の部位に比べて保水力が劣っているので乾燥しやすく、外部からの刺激も受けやすいといわれています。

乾燥しやすい肌ではしわが寄り、なかなか改善されません。

「目は口ほどに物を言う」ということわざもあるとおり、目は顔の中でも表情豊かな部分で、よく変化します。また、瞳を乾燥から保護するため、1分間に20~30回もまばたきをしている場所でもあります。筋肉が休むことなく運動をしている上、もともと薄い皮膚が表情筋の影響を受け、しわが発生しやすくなってしまうのです。

対策方法としては、目のまわりにある眼輪筋を鍛えたり、ツボを押したりしてマッサージを行うことが挙げられます。

特にツボ押しに関しては、血行を改善できる部分(尾頭の端にある、凹んだところ)や、まぶたのたるみを改善できる部分(目尻から1cm程度外側にあるくぼみ)などさまざま。どれも目元のしわに効果を発揮するので、知っておいて損はありません!

目元のしわに効く化粧品の選び方

目元は乾燥が激しい場所なので保湿機能が高いのはもちろん、しわに効果のあるアンチエイジング成分が配合された美容液がオススメです。

特に、コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分や、レチノール、メビヴェールなどのしわ・たるみ改善で注目されている成分も要チェック!

お手入れ方法とマッサージ方法

デリケートな目元のスキンケアに、スクラブ入りの洗顔料は禁物。

また、ピーリング効果のある化粧水などを使用する際にも、目元は避けるようにしてください。

アイメイクを落とすときは、コットンでメイクやマスカラを浮き上がらせて拭き取る、下まぶたは優しく滑らせるように拭き取るなど、ゴシゴシ擦らず弱い力で行いましょう。

マッサージを行う場合は、美容液などでたっぷりと目元を潤し、3つの動作でケアします。

  • 1.中指の腹を使い、上まぶたと下まぶたに指を置いたら、表面を左右にそっとなでます。
  • 2.同じく中指の腹を使って、目頭から目尻へと。軽くらせんを描くように指をすべらせましょう。
  • 3.中指で目尻を5~6秒ほど押さえて終了。

コツは、くれぐれも強く押さないことです。

特に優しく行いたい目元のケア

目元はとても弱く、乾燥してしわができやすい部分。小じわが増えるのを防ぐには、しっかりと保湿をすることが大切です。

普段、化粧水や乳液だけでスキンケアを終了する方も多いかもしれませんが、それだけでは乾燥を改善することはできません!コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿力の高い成分が配合された美容液の使用をおすすめします。

小じわ対策用のクリームを塗り、乾燥がヒドイと感じるときは専用のマスクなどを使ってみるのもいいですね。

どの部分よりも、優しくいたわるようなケアを心がけていきましょう!

しわ取り化粧品(しわに効く美容液)おすすめランキングを発表

この記事の関連のページ

※このサイトは、個人で調べた情報で作成されています。
価格や商品の最新情報については各公式サイトを参照してください。
※サイト内の価格は、すべて税抜価格での表記です。

 
 
PAGETOP ▲

しわに効く化粧品おすすめランキング! シワ取り美容液5選