しわ取り化粧品おすすめランキング~しわに効く美容液~ » しわに有効な化粧品成分

しわに有効な化粧品成分

しわに有効な化粧品成分を紹介していきます。誰もが知っている有名成分から、いま美容業界が注目する成分まで、9つの美容成分を解説します。

コラーゲン

もともと体内に豊富に存在するタンパク質の一種で、肌のハリを左右するもっとも大事な成分となります。細胞と細胞をつなげる役割を持ち、このつながりが低下することで肌のハリが弱くなり、しわの原因になってしまいます。

コラーゲンは20歳ころをピークに減少に転じます。その後、加齢に伴って減少する一方なので、基礎化粧品などによって外部からコラーゲンを補うことは効果的です。

このページでは、コラーゲンがしわに効くメカニズムや、コラーゲンを含む代表的なアンチエイジング化粧品の紹介をします。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、人間が生まれたときから体内で合成されている成分の一つで、高い保水力を特徴としています。細胞と細胞の間に存在し、多くの水分を含有しながらクッションのような働きをしています。

加齢にともなって体内のヒアルロン酸の比率は減少し、40代に至っては、赤ちゃんの半分程度の比率になってしまいます。肌に補給することで高いしわ対策効果が期待できます。

このページでは、ヒアルロン酸の特徴や、ヒアルロン酸を配合する化粧品の選び方を解説するとともに、代表的なヒアルロン酸化粧品も紹介しています。

プラセンタ

プラセンタとは哺乳類の胎盤のこと。胎盤には、わずか10カ月で胎児を乳児へと成長させるほどの豊富な栄養素が含まれています。これら栄養素の相乗効果によって、肌はうるおいを取り戻し、小じわはもちろん、深く刻まれてしまったしわの改善にも効果があるとされています。近年ではプラセンタと似た働きをする、安全性の高い「植物性プラセンタ」が注目されています。

このページではプラセンタの基礎知識や、植物性プラセンタの特徴、植物性プラセンタを配合したしわ対策化粧品などを紹介しています。

セラミド

セラミドとは角質層に存在する皮膚のフタのような役割をする成分で、その高いバリア機能で、乾燥など外部の刺激から肌を守っています。皮膚科クリニックでは、敏感肌や乾燥肌を守る薬として処方されることもあります。肌のバリア機能が低下すると水分は蒸発して乾燥を招き、しわの原因となります。セラミドはしわ対策としてとても有効な成分なのです。

このページでは、セラミドの概要や、セラミドを含むしわ対策化粧品について紹介しています。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、もともと人体に存在する抗酸化成分で、老化の主要な原因と言われる活性酸素を強力に除去する働きを持っています。肌は、酸化することで乾燥やしわ、シミを作りやすい状態になります。コエンザイムQ10を補給することによって、しわやたるみなどの予防・改善効果が期待できます。

このページでは、コエンザイムQ10の成分特徴、およびコエンザイムQ10を配合する代表的な化粧品などについて紹介しています。

EGF

EGFとは、「ヒトオリゴペプチド-1」という正式名称を持つたんぱく質の一種で、肌細胞の再生を促す働きがあると言われる成分です。肌細胞の再生とは、すなわち古い肌細胞を排除して新しい肌細胞を生むこと。つまり、ターンオーバーと概念が同じということです。活発なターンオーバーは、しわの予防や改善のための基本です。

このページでは、EGFの特徴やしわに対する効果、またEGFを含むしわ対策化粧品について紹介しています。

レチノール

レチノールとはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーの促進効果やコラーゲン生成を促す効果、角質層に保水する効果などがあると言われている成分です。加えて高い抗酸化力を持つため、肌の老化の主要原因とも言われる活性酸素を強力に除去する働きも知られています。まさにレチノールは、しわ対策のための成分と言っても過言ではありません。

このページでは、レチノールの基礎知識や、レチノールを配合したしわ対策化粧品について紹介します。

メビヴェール

メビヴェールは「人工皮膜」とも呼ばれる成分で、角質層にも匹敵するほどのバリア機能を肌の表面に作り出す成分です。様々な美容成分の問題点の一つに「肌に浸透しにくい」というものがありますが、メビヴェールを配合することによって肌がラッピングされるため、各成分は時間をかけてゆっくりと肌へ浸透していくことができます。ラッピング効果も24時間持続するので、1日1回の使用で各美容成分はムダなく肌に浸透します。

このページではメビヴェールの特徴、およびメビヴェールを含む代表的な化粧品を紹介しています。

プロテオグリカン

プロテオグリカンは、コラーゲンなどと同様に、もともと人間の体の各所に存在している成分です。保水力の高さで知られ、同じく保水力の高いヒアルロン酸と比べても1.3倍もの水分を含む性質があることで知られます。

プロテオグリカンは成分の抽出が難しいため、長く日の目を見る機会がなかったのですが、近年、鮭の軟骨から容易に抽出できることが発見されて価格が低下。今や様々な化粧品に含まれるようになりました。

このページではプロテオグリカンの特徴や、配合される代表的なしわ対策化粧品を紹介しています。

しわ取り化粧品(しわに効く美容液)おすすめランキングを発表

※このサイトは、個人で調べた情報で作成されています。
価格や商品の最新情報については各公式サイトを参照してください。
※サイト内の価格は、すべて税抜価格での表記です。

 
 
PAGETOP ▲

しわに効く化粧品おすすめランキング! シワ取り美容液5選